小学生のお子さんの家庭教師を姪浜で比較検討されているなら

小学生のお子さんの家庭教師を姪浜で比較検討されているなら

学校とは一味違った学びの時間を過ごせる家庭教師。


お子さんの将来のためにも、しっかり丁寧に教えてくれる家庭教師に出会いたいですよね!


家庭教師を見つける


でも、家庭教師を選んでいく上で、


「料金が気になる」
「学習塾と家庭教師と迷っている」


など、お子さんの学習スタイルについて悩んでいる親御さんもいらっしゃると思います。


こちらでは、家庭教師選びに役立つ4つの情報をご紹介します!

お子さんに合う家庭教師は?

学習塾と家庭教師のどっちがいいのか

無料診断してみるならこちらから

カテキョ診断

矢印

≫かんたん診断をしてみるなら≪

家庭教師?それとも学習塾?

家庭教師と学習塾の大きな違いは、

  • 通う手間の有無
  • 同級生たちと同じ空間で勉強するか否か
  • 個別指導か集団指導か

という点でしょう。


特に、通う手間と同級生がいるかどうかというのは大きな違いとなります。

学習塾の良し悪しと塾通いに向いている子のタイプ

学習塾に通うとなると、通う時間や手間が必要となります。親が送迎したり晩御飯を別で準備したりと、親の手間も出てきますし、子供も家で休息できる時間が削られるというデメリットがあります。

学習塾が向いている子


けれども学習塾だと、学校だけでなく学習塾での成績順も関係してきますので、


負けん気が強いタイプの子
競争した方がやる気が出るというタイプの子


には学習塾の方が合っているかもしれません。

家庭教師は集団授業のデメリットを個別指導でカバーできる

家庭教師をおすすめする理由

一方、家庭教師は、自宅まで来てマンツーマン指導をしてくれます。分からないところを逐一質問できるので、つまづいた所を後回しにすることなく勉強を進めることができます。


お子さんの学力を家庭教師がしっかりと見極めて、どこでつまづいているのかも把握してもらえ、お子さんに合った授業内容、学校の授業のフォローなどもしてもらえます。

子供の性格なども考えて塾か家庭教師を選びましょう

お子さんが学友たちと競争して伸びるタイプなのか、マンツーマンでマイペースに学習した方が伸びるタイプなのか。家庭教師がいいのか、学習塾がいいのかを悩んでいるならば、


お子さんの性格や学習スタイルも考慮


することをオススメします。


家庭教師を選定するには


さらに、親御さんも送迎などのサポートが負担にならないかどうかなど、家族で話し合ってベストを選ぶようにしましょう。

評判のいい家庭教師を選ぶときのポイント

せっかく家庭教師をつけるのですから、評判のいい家庭教師に指導をお願いしたいと思うのは、親心として当然のことです。


評判のいい家庭教師を選ぶときのポイントですが、


口コミを活用すると良い


でしょう。


家庭教師を決める際にクチコミ情報を参考にしよう

子供の同級生や同じ学校に通っている子で、家庭教師を利用しているご家庭があれば、是非ともリアルな口コミを聞いてみてください。周りで見つからない場合には、インターネットなどでの口コミを参考にするのも1つです。


実際に家庭教師と会ってみなければわからないこともありますが、


リアルなユーザーの評価や体験談というものは大いに参考になります。


例として、

  • やる気がない
  • ろくに指導してくれない
  • 教え方が下手だ

といったようなマイナス評価がある家庭教師は、事前に回避しておきたいものですよね。

家庭教師の先生と子供の相性も重要なポイント

子供と先生との相性も十分に考慮しましょう。家庭教師派遣業者に依頼する際、あらかじめ


子供の趣味や性格などを伝えておく


といいでしょう。


家庭教師を依頼するときに子供の詳細を伝えておきましょう


例えば、サッカー好きな男の子のところに、サッカー好きの男性家庭教師が来てくれたら、共通の話題で仲を深められて、子供も先生に対して信頼感を抱くことでしょう。


オシャレ好きな女の子のところに、オシャレな女性家庭教師が来てくれたら、女の子は「先生みたいにオシャレな大人になりたい!」と意欲を燃やすことでしょう。


また、子供に「男性の先生がいい?女性の先生がいい?」といった希望を聴き、お子さんがリラックスして家庭教師との授業を受けられる環境も整えておく必要があります。


ですので、家庭教師派遣業者に依頼するのであれば、


お子さんの要望も伝えておくこともポイント

家庭教師依頼時に子供の希望や要望も伝えておくと良い


です。

親と家庭教師との相性も気になるところですが、最優先すべきは子供がやる気を持って勉強できる雰囲気や環境だと思います。


お子さんが親しみを感じられる、先生との授業は楽しいと思える、そんな雰囲気作りのためにも、ご家庭から家庭教師への要望をいくつかは伝えておくべきです。

子供の苦手科目を得意とする家庭教師の選択

お子さんが苦手とする科目を克服できるよう、その科目が得意な先生を選ぶことも大切です。


理数系が苦手なお子さんには、理数系を得意とする先生についてもらったり、文系が苦手なお子さんには、文系を得意とする先生に指導してもらったほうが、より詳しく些細な点についても解説してもらえます。


こういった点も視野に入れながら、家庭教師選びの参考にしてみてくださいね。


→家庭教師がお子さんに合うか診断してみる

家庭教師の料金・費用について

家庭教師の料金相場など

家庭教師の気になる料金や費用についてですが、お値段は家庭教師派遣業者の間でもそれぞれですし、中にはフリーランスで家庭教師をしている人もいて、値段設定にも差が出てきます。


家庭教師派遣業で有名な大手になると、だいたい授業1コマの平均が約7,000〜8,000円になるところがほとんどです。


大手集団学習塾の場合は、1コマ平均が3,000〜4,000円ほどのところが多いので、比較すると家庭教師の方が費用が高くなります。


ですが家庭教師では、マンツーマンで指導してもらえることや、お子さんに合ったカリキュラムを設定してもらえること、学校で分からなかった所を質問できたり、体調不良で授業を休んでも振替てもらえるなど、


個別指導だからこそ上質な学習時間を取れる


ことを考えれば、


納得できる平均費用


と言えるでしょう。

家庭教師の最大のメリットとは

家庭教師最大のメリットはやはり、通う時間が省かれることでしょう。自宅に来て指導してもらえる家庭教師は、お子さんにとっても親御さんにとっても


時間的な負担が大幅に軽減


することが可能です。


また、マンツーマン指導なので授業に置いていかれる事もなく、分からない点をその場で解消できます。分からないことがあるままモヤモヤとすることがないので、精神的な気がかりもすぐに解消することができるでしょう。


家庭教師でわからない部分を徹底解消


さらに、家庭教師が


お子さんの学力を細かく把握できる


ことも大きなメリットです。


どこでつまづいているのか、どこが理解できていないのか、どの分野は得意としているのかを把握してもらえるため、苦手分野の克服や得意分野を伸ばすといった、お子さんに合った授業をしてもらえます。


このメリットは、学校や学習塾などの


集団塾では得られない大きな魅力


といえるでしょう。

お子さんに合う家庭教師は?

学習塾と家庭教師のどっちがいいのか

無料診断してみるならこちらから

カテキョ診断

矢印

≫かんたん診断をしてみるなら≪

家庭教師のデメリットとは

マンツーマン指導で自分との戦い、自分のペースで学習を進めていくのが家庭教師なので、周囲の同級生たちと競争しているという実感がわきにくいというのはあるでしょう。

家庭教師を頼むデメリット


家庭教師でつけた実力は、学校の試験や模試で発揮するしかありませんから、レベルアップを実感しにくい事もあるかもしれません。


また、マンツーマン指導のプロに依頼するため、学習塾よりも費用が高くなりがちです。教師の実績や人気度、評判によって価格が高くなる事もあります。


とはいっても、塾と違って教室などを借りる必要のない家庭教師ですから、コストがかからない分、さほど料金に大きな差はみられません。

デメリットを補うためのサービスを活用しましょう

家庭教師を依頼するにあたって、特に気になるのが料金面かと思います。


「少しでも安く依頼したい…」


と費用についての比較や指導方針などで検討していくためにも、一括資料請求サービスの利用をオススメします。


家庭教師選びをより簡単にできる「カテキョnavi」では、気になる家庭教師センターへの資料請求のほか、お子さんにピッタリの家庭教師センターを複数ピックアップしてくれる診断サービスも用意されています。


かてきょnaviでの無料資料請求


診断結果にてチョイスされている家庭教師センターにのみ資料請求することもできますので、お子さんにマッチした家庭教師をいち早く見つけることができるのではないでしょうか。


診断はもちろん無料。質問に答えていくだけの簡単なものですので、お子さんの学力タイプを把握するためにも、無料診断を活用してみてはいかがでしょうか。


→ 無料カテキョ診断はこちら


お子さんと相性のいい家庭教師に出会えれば、親御さんも安心して任せられますし、お子さんも気軽に質問でき、学習も楽しみを感じられるでしょう。

相性が良すぎる事での注意点

家庭教師とお子さんとの仲が良くなりすぎて授業がマンネリ化したり、メリハリを失うなんてケースもあるかもしれません。そういった場合には、先生にもメリハリを持ってもらうようお願いし、お子さんにも節度を保つよう声をかけてあげましょう。

page top